GOICHI-YA

生地の種類

天竺

生編地の表裏がはっきり区別でき、編地は縦方向より横方向の方が良く伸びます。
表面が滑らかな質感で、ニット地の中では、比較的伸び縮みが少ないと言われています。
切った端がクルッと丸まりやすいですが、あえてデザインに生かす場合もあります。
編み物でいうところの「メリヤス編み・平編み」で、表と裏とで編み目が違います。

天竺

フライス

多くはTシャツの襟の部分に用いられたりします。
天竺よりも表面と裏面の区別が付きにくく織られるもの天竺よりも伸縮性があり、布端も丸まらない「ゴム編み」、リブ編みとも言います、表と裏とで同じ編み目になります。
横への伸縮性が高いです。

フライス

スムース

「天竺」と「フライス」の中間、といったニュアンスかと思われます。
やわらかくて肌触りがいいのが特徴です。
天竺よりは伸縮性があります。
端が丸まらない。
ゴム編みが2重になったもの。
二つのゴム編みを腹合わせにした両面編みです。
これも表と裏が同じ編み目になります。

スムース